未来 Real Estate > 未来 Real Estateのスタッフブログ記事一覧 > 『空き家』の問題と対応策

『空き家』の問題と対応策

≪ 前へ|おうちの梅雨対策 未来RealEstate   記事一覧   女性のお客様もお気軽に♪|次へ ≫

『空き家』の問題と対応策

カテゴリ:地域


こんにちは!

 

未来 Real Estateの平澤です(^^)

 

 

ニュースで『ポツンと一軒家』の視聴率が

 

20.3%とついに“大台”に到達したとでておりました(^^)


 

周りでも番組を見ている方が結構多く、お昼休みの話題になったり。

 

私も所さんの番組はリラックスして見れるし、

 

一軒家の主人の背景にあるお話など、

 

今では非日常的になってしまった家やライフスタイルが

 

ひとつの参考になるので、好きな番組です。



 

本題からズレてしまいました<(_ _)>


今日は「空き家」のお話です。

 

私の家の近辺にも「空き家」がいくつもあります。


日本の「空き家」は増え続けていて色々と問題にもされていますよね。


 

平成30年の総務省統計局の調べでは、空き家は846万戸と

 

平成25年と比べ、26万戸(3.2)の増加となっています。

 

また、総住宅数に占める空き家の割合(空き家率)13.6%で、

 

総住宅戸数・空き家数・空き家率とも過去最高となっています。

 



 

「空き家」増加の原因として考えられるのは


 

①地方出身者が東京や大阪などの都会の会社に就職して、

 

途中転勤などで日本各地を転々としても、

 

定年後もマイホームを買った都会の近郊都市にずっと住んでいて、

 

地方の実家には年老いた両親だけが残り、

 

二人とも亡くなった後は空き家になるケース

 

 

②若い頃に買ったマイホームは、自然には恵まれているものの、

 

駅から遠い山手で坂道が多くバスか、マイカーでしか通勤できない所。

 

高齢になって、買物にも便利な駅に近い平地のマンションに

 

住み替えようと思うが、山手のマンションは価格が下落している上、

 

なかなか買い手が付かない。しかも駅に近いマンションは

 

価格が高すぎるので、結局平地の賃貸マンションに入るが、

 

息子たちは、自分の若い頃と同様に、

 

家を出て実家には戻らないというケース。

 

 

③銀行やワンルームマンション業者に勧められて、

 

遊休地にワンルームマンションを建築したが、最初の頃は

 

「満室」となったものの、やがて老朽化するとともに、近くに

 

新しいワンルームマンションが出来て、

 

だんだん空き室が増えてきたというケース。


このケースはバブル全盛期に盛んに行われた勧誘ですが、最近また

 

大阪近郊では増加しているようです。

 

ワンルームマンション業者としては、マンション建築の請負と

 

マンション管理業務ができる、銀行は賃金を増やして

 

金利収入を確保できるというわけです。

 

 

しかしこのやり方は、人口が減少する中、必要以上に住宅を供給

 

することで必然的に空き家を増やす結果となります。

 

 

④老朽化して廃屋寸前になった空き家でも、解体するには

 

数百万円の解体費用が必要な上に、更地にすると固定資産税が

 

何倍にもあがるので、そのままにしているケース。

 

 

このように、空き家は自然とそのまま『空き家』として

 

放置することになる場合が多いようです。

 

 

①への対応策

 

・IT企業などのように、「パソコンがあれば都心でなくても仕事が

 

可能な企業」の「社宅兼仕事場」として利用する方法

 

・地方の「古民家」などであれば、そのような古い日本家屋に住みたい

 

という人々に対する賃貸を仲介するネットワーク会社をつくり、

 

インターネット上で公募する方法。

 

・過疎に悩む地元の地方自治体が、地元に定住してくれる人を優遇する

 

政策の一環として、空き家を一括借り上げして、格安で賃貸する方法。

 

 

②への対応策

 

・自分たちがマイホームとして買った頃と同じ世代、つまり

 

「若い夫婦」や「若い夫婦と幼児」の家族に対し格安で賃貸する方法。

 

もしそのマイホームの所在する自治体が「定住促進政策」を

 

取っているなら、補助金で賃料を実質格安にする方法も考えられます。

 

 

③への対応策

 

・「リフォーム資金の低利融資」とか、

 

「リフォーム資金に対する補助金制度」などが考えられます。

 

・インバウンド対策として、「民泊」施設として活用する方法も考えられます。

 

 

④への対応策

 

・「老朽化した空き家」については更地より安い固定資産税の

 

優遇税率の廃止または削減

 

・「老朽化した空き家」を更地にした場合、解体費用の補助

 

または一定期間優遇税率を適用

 

 

いずれにしても、家は人が住まなくなると傷むのも早いです。

 

「空き家」になると雑草も伸び放題になり野良猫やイタチの住処になったり

 

不審者が住み着いたり放火されたり、地面師の標的にされたり

 

最悪は倒壊するなど、環境的にも衛生上、治安上、安全上も

 

問題が多くなるものです。

 

 

2017年には、「空き家等対策の推進に関する特別措置法(通称:空き家法)

 

が施行されました。この法律では、「行政による空き家の強制撤去」

 

も認めていますので、この対策は喫緊の課題です。

 

地方自治体では、空き家の登録と紹介をする「空き家バンク」

 

という制度を立ち上げているところもあります。

 

 

空き家の増加が止まらない現状に鑑み、空き家所有者がこの問題を

 

解決しやすいように、政府や自治体でも、他にもできる方法があれば

 

是非検討していただきたいと思います。

 

 

 

 

 

≪ 前へ|おうちの梅雨対策 未来RealEstate   記事一覧   女性のお客様もお気軽に♪|次へ ≫
  • 学区検索
  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • QRコード
  • 会社概要

    会社概要
    未来 Real Estate
    • 〒974-8212
    • 福島県いわき市東田町1丁目22-6
    • TEL/0246-85-5201
    • FAX/0246-85-5208
    • 福島県知事 (1) 第003245号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る