未来 Real Estate > 未来 Real Estateのスタッフブログ記事一覧 > 不動産取引 登記について いわき市不動産なら未来リアルエステート♪

不動産取引 登記について いわき市不動産なら未来リアルエステート♪

≪ 前へ|床のリフォームで使いたい無垢材のフローリングは高くない   記事一覧   SNS勉強会(^^)/|次へ ≫

不動産取引 登記について いわき市不動産なら未来リアルエステート♪

カテゴリ:不動産に関する制度等

所有権の移転


こんにちは。未来リアルエステートの渡辺です。

 


不動産を購入された場合、どのタイミングでその不動産が売主様から買主様の手に渡るのでしょうか。

「もちろん代金を支払った時だ」と思われるでしょうが、

所有権の移転登記まで完了して、

初めてその不動産の所有権が確実に買主に渡ったことになります。

登記をすることにより、誰に対してもその所有権を主張できることになるからです。

 

吉田家具店不動産部



民法上では、不動産の売買は、登記をしなくても契約のみで成立します。

しかし、誰に対してもその所有権を主張するためには登記をすることが必要ですから、

売買契約書の契約条項には、必ず

「所有権移転の時期」「引渡し」「所有権移転登記の申請」

について定めており、

売主は、売買代金全額の受領と同時に、買主の名義にするために、

その物件の所有権移転登記申請手続きをしなければならない

としていることがほとんどです。



なぜ決済時に司法書士の立会いが必要なのか?


売買代金の支払い日に司法書士が立ち会うことで、売主様ご本人であることの確認や、
登記に必要な書類が揃っているか確認できれば(=確実に登記申請が可能)、
買主様は代金を支払う、ということが慣習になっています。

 


また、ローンを組んで不動産を購入する場合も、

決済時に司法書士が立ち会い、確実に登記できることを確認した上で、融資の実行をします。

ローンを組む場合は、銀行などの貸主が抵当権の設定をしますので(抵当権についてはまた改めてご紹介致します♪)

必ず司法書士の立ち会いが必要になるのです



登記費用は誰が払うもの?


 

一般的な不動産取引では、司法書士への登記費用は買主様負担になります(売主負担のものもございます)。
ですので、買主様にお知り合いの司法書士がいらっしゃればもちろん指定して頂けます。

とは言え、なかなか身近にはいない!という方のほうが多いかと思います。

当店では、売買手続きから、所有権移転の登記(名義変更)の手続きまで、

適切なアドバイスを頂ける司法書士もご紹介可能です!




未来 Real Estate 株式会社 吉田家具店不動産部へ 


≪ 前へ|床のリフォームで使いたい無垢材のフローリングは高くない   記事一覧   SNS勉強会(^^)/|次へ ≫
  • 学区検索
  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • QRコード
  • 会社概要

    会社概要
    未来 Real Estate
    • 〒974-8212
    • 福島県いわき市東田町1丁目22-6
    • TEL/0246-85-5201
    • FAX/0246-85-5208
    • 福島県知事 (1) 第003245号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

渡邉二千香 最新記事



渡邉二千香

皆さまの暮らしに寄り添ったご提案をさせて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る